悩みタイトル

手が冷たい
1日中、手が冷たくて動かすこともできないことがある。家の中でも冷たいので手を洗う時や料理する時に困ることがある。
しもやけになりやすい
手足の温度が低くて血管が収縮してしまって、血流がでや足の方までいかないのでしもやけになりやすい。しもやけになると、暖かいところに行くとかゆくなるので、コタツなどに入れない。
足がむくみやすい
足先の方が冷えて、血流を上の方に戻せないので下の足の方に老廃物や血液がたまりやすくなり、足のむくみや重さなどにもつながる。
手や足の肌が荒れやすい
手や足の血管が収縮してしまって、栄養が行き渡らないので、必要な栄養素が行き渡らずに手や足の肌が荒れやすくなってしまう。
身体があたたまるのに時間がかかる
血管が収縮してしまっているので、運動する時のアップの時間が長くなってしまったり、怪我の原因になってしまうこともある。

冷え性に対する当院の考え

冷え性に対しては、まず血管が収縮していて、血流の流れが悪くなっていることに原因があるので身体を温めると血流が良くなりやすいので治療として、遠赤外線治療は、必要で、家などでも身体を温めることが大事です。血流は、筋肉が働くことによっても、促進されやすいので筋肉を増やして、血流を流れやすいようにすることも必要です。なので大胸筋や大腿四頭筋など、大きな筋肉を鍛えることも冷え性の改善につながります。
筋肉のバランスが悪くて流れが悪くなって冷え性につながることもあるので矯正治療で筋肉のバランスを整えて、血流の流れを良くして冷え性を改善するという治療もあります。

冷え性を放っておくとどうなるの?

冷え性を放置してしまうと以下の事が身体の不調として感じられます。
まずは、免疫機能が落ちて風邪や体調不良を引き起こしてしまうことです。
冷え性は血流の悪さから起こります。血流が悪くなってしまうと、筋肉など栄養が必要な部分に上手く栄養を運ぶ事が出来ません。それによって、栄養が不足している部分が多くなり、他にも頭痛や肩こり、不眠など、さまざまな症状の原因にもなりうる事になります。
また、特に女性は冷え性を放置してしまうと、卵巣の機能も低下させてしまう事もあります。
卵巣機能が低下してしまうとホルモンバランスの乱れが起こり、重い生理痛やイライラなどストレスにも繋がりうることもあります。
こうなる前に身体を冷やさないなど冷え性対策をしていくことが大切です。

冷え性の改善方法

冷え性は「四肢末端型」「下半身型」「内臓型」「全身型」の4種類に大きく分けられます。
冷え性の型によって細かい改善方法は異なりますが、全ての冷え性の型に効果的な改善方法が2つあります。
まず1つめがウォーキングなどの全身運動です。全身運動では血流改善や基礎体温アップが期待できます。ウォーキングの時間が取れないという方は、日頃の歩き方で全身を使う意識をするだけでも効果が期待できます。1日30分のウォーキングを週に4~5回が理想的です。
2つめは全身入浴です。冷え性の方は長時間の入浴や、半身浴は汗で身体が冷えてしまうのでおすすめできません。首まで5分→胸まで5分の入浴がおすすめです。
ご自身の冷え性の型を調べて合わせた改善方法を見つけられると1番良いですね。

冷え性の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

当院では冷え性に対して有効な治療が多数あります。
一番多いのは骨格矯正です。歪んだ骨格は筋肉や血管を捻ったりしてしまい、末端までの血流を悪くしてしまいます。歪んだ骨格を正しい骨格に戻してあげることで、正常な血流の流れになりますので、今まで末端冷え性などで悩まれていた方も改善が見られます。他にも足の極みと言う下半身のふくらはぎ周りをメインにした治療もあります。固まってしまった筋肉を緩め、血行の促進、老廃物の除去などを行うことができます。このメニューと同時に高酸素濃度オイルと言われるものを使って行なってあげるとより相乗効果が高まります。

その施術を受けるとどう楽になるのか

先ほど述べた施術を受けると、骨格の歪みから血流が阻害されていた部分が改善されて、末端冷え性はもちろん、力の入れやすさや疲労の溜まりにくさなども得ることができます。身体の歪みは血流だけでなく、他にも悪い影響を及ぼしてしまうので、しっかりと正しい骨格にしてあげましょう。また、デスクワークなどで足の運動が少なく、ふくらはぎのポンプを使えていない人は後述した足の極みがおすすめです。足が軽くなり、歩いた時の感覚がやる前にくらべ、段違いに軽いと喜びのお声をよくいただきます。

改善するために必要な施術頻度は?

生活習慣や体質、自律神経の乱れなどによって冷え性が起こると言われています。
例えば、筋肉量が足りない方や、運動する習慣が少ない方に起こりやすいです。
血液を循環させる力が弱まってしまうので、身体の末端まで血液が届かずに身体が冷えやすくなってしまう特徴があります。
また、睡眠時間が少なかったり、食事の時間帯が不規則になっていたり、生活習慣が乱れていて、冷えやすい体の原因になると言います。
多忙な日々を過ごしていると、思うように自己管理できないと思います。
ですが冷え性を改善するためには週に3回以上治療を行う必要があるので、きちんと正しい治療をして行けるようにしましょう。

冷え性関連でよくある質問

明るい挨拶

  • Q.冷え症はどのような治療がいいですか?
    A.冷え性は、寒さにより血管が収縮して血流の流れが悪くなることによって起こるので血流の流れを良くする治療がいいです。血流を良くするには、筋肉に刺激を入れてポンプみたいに押し出して血流を良くする指圧の治療や筋肉に鍼をすることによって、身体が異物が入ってきたと思い、そこに赤血球や白血球などを増やす治療してなどが大切になってきます。血液が身体の隅々まで行き渡ることによって、冷えの改善につながります。冷え性だと足のむくみにもつながるので当院では、足のむくみや冷えに特化した足の極みという治療もあり、足が冷える方にとても効果のある治療になっています。

  • Q.自分で出来る冷え性対策は、ありますか?
    A.自分で出来る冷え性対策としては、ストレッチや軽い運動をしたり、筋肉トレーニングをすることによって筋肉をつけて、1日の代謝を上げることが大事になってきます。筋肉は、ゴムみたいに伸びたり縮んだりすることが出来るのでストレッチをして筋肉の柔軟性を上げることによって筋肉の伸び縮みを大きくして、血液を流すことによって、冷え性の改善につながります。筋トレをして筋肉をつけることによって筋肉の消費カロリーを増やして、代謝を上げて冷えにくい身体を作ることもできます。

  • Q.風呂に入った方が冷え性になりにくいですか?
    A.シャワーだけでなく、ちゃんとお風呂に浸かることによって、冷え性の改善になります。暖かいお風呂に入ることによって、それだけでも身体の体温が上がり血流があがりますし、お風呂に浸かることによって、水圧が身体にかかり、筋肉を刺激してくれるので、それも血流の改善につながり冷え性の改善になりますし、お風呂に、浸かることによって疲労の軽減にも繋がります。暖かい水と冷たい水に交互に入る交代浴も血管を伸ばしたり縮めたりすることで血管がポンプみたいになり、冷え性の改善につながります。

  • Q.冷え性に効く食べ物とかありますか?
    A.冷え性に効く食べ物としては、身体を温める作用がある食べ物がいいと思います。体を温める作用がある食べ物は、寒い時期が旬で水分が少ないものが良いとされているので、じゃがいもやかぼちゃ、にんじんなどが効果があるとされています。食べることによって、血流の流れが良くなることで身体の内側から冷え性を改善することができます。寒い冬の時期は、鍋料理で温めて食べることによってさらに身体が温まり冷え性の改善につながります。ほかにも生姜などは、漢方の薬によく使われていたりするので生姜を使った、生姜のスープなどもオススメです。

  • Q.冷え性てなんでなるんですか?
    A.冷え性は、体温が下がることによって、身体の隅々まで、血流が回らずになることやもともと冷え性の体質で身体が少しの寒さでも反応することによって冷え性になることもあります。体温を維持することに必要なことが血流の流れなので、血流が悪くなる、糖尿病などの内臓系の病気でも、冷え性になったりします。冷え性の原因は、一つのこどが原因で起こることもあるし、複数のことが重なることによって起こることもあるのでいろいろ対策をやって、それでも改善しない場合は、病院にいって身体を診てもらったり、漢方をのんで内側から治していくと改善していきますね。

  • Q.冷え性の治療は、どのくらいかかりますか?
    A.冷え性の治療期間は、週にどのくらい来れるのかにもよりますが半年から1年くらいは、必要だと思います。その冷え症の強さにもよりますが冷え性を改善するには、血管が収縮して、血流の流れが悪くなってたりするので、その収縮している血管を拡張して収縮して血流の流れが悪くならないようにしていきたいので鍼治療や指圧の治療をしていくことが大切になってきて、体質を変えるのに3ヶ月から6ヶ月は、かかるのでその期間までは、治療をしていくことが必要になってきます。週に2から3回治療していけば冷え性の症状は、落ち着いてきて、良くなっていくと思います。