肩腱板断裂|公津の杜駅

皆様こんにちは!
公津の杜駅より徒歩5分の場所にあります
成田公津の杜整骨院です。
朝晩など寒く感じられる日もあり、すっかり秋らしくなりましたね。
季節の変わり目の体調不良にご注意くださいね。

さて、本日は「肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)」という症状について
お話をさせていただきたいと思います。
「肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)」は、40才以上の男性に多く見られる症状です。
最も多いのは60才以上と言われています。
若い年代での断裂は、投球肩によって起きることがあります。

症状としては、

・肩を動かすと痛い
・夜になると肩が痛む
・肩の前上面で音がする

などの障害があらわれます。

「肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)」の原因には、
肩の酷使と、腱板と呼ばれる部位の老化と、
もともと腱板は肩峰と上腕骨骨頭にはさまれているという、
解剖学的なものが関係しているといわれています。
外傷なども原因となり得ますが、日常生活の何気ない動作でも断裂することがあります。

また断裂でも”完全断裂””不全断裂”とがあります。
「肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)」の診断には、MRIやX線などを用いて行います。
治療方法は、保存療法と手術療法に分かれており
保存療法においては、
もし、夜になると肩が痛むなどの症状があれば、
水溶性副腎皮質ホルモン、肩峰下滑液包内に注射をおこない、
夜の痛みがなくなれば、ヒアルロン酸の注射をおこないます。
そして、運動療法として腱板訓練とよばれる腱板の機能を上げる、「腱板訓練」が取り入れられます。
手術療法では、術後1ヶ月程度固定をして
2~3ヶ月のリハビリが必要なのです。

「肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)」の症状は、40代以上の男性の方に多く見られる症状ということもあり、
お仕事などが忙しく、中々病院へ足を運べない方もおられるのではないでしょうか?
また、60代以上の方が発症年齢の最も高い年代といわれていることもあり
リハビリなども若年層に比べて、時間がかかることもあるといわれています。
「肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)」は誰にでも起こり得る症状ですので。
もし夜になると肩が痛む、などのお悩みがありましたら早期に病院へ行き治療をしてもらうことが、大切です。

京成線 公津の杜駅から徒歩5分
イトーヨーカドーの駐車場南出口から徒歩1分
成田公津の杜整骨院
【住所】千葉県成田市公津の杜3-6-2
【電話】TEL:0476-28-2225

[ 2015年9月18日 ]
お気軽にお問い合わせください
  • 千葉県京成公津の杜駅から徒歩5分、0476-28-2225

    受付時間内での受付となります。

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る